■ 犯人は誰だ   15.8.7   (エゴノキ、クヌギ)

今日も暑い日。きのうの続きで早朝草取りをおえた後は、休養です。

4日の散策で見つけた未熟な実の災難です。


エゴノキの実に穴が   15.8.4   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/110,F8
e0339873_15462675.jpg
        水車小屋の近くのエゴノキ。散策間隔が空いていたため、気づいた時はこの姿。


〃 無事な姿
e0339873_15484418.jpg
        こちらは無事に成熟がすすむ実。 20番田んぼ近くの株です。


        上の実に穴を開けたのはエゴヒゲナガゾウムシです。
        なぜか田んぼ脇の株にはいなかったのですが、普通はどの木にもこの虫がいて、
        穴を開けています。未熟なうちに、孔を開けて産卵、孵化した幼虫は実を食べて成長します。
        エゴヒゲナガゾウムシは、こちらでご覧ください。

        外部ブログ「自然観察大学」で興味深い記事を見つけましたので、こちらもご覧ください。


クヌギのどんぐりが   〃   〃   1/25,F8
e0339873_1558382.jpg
        大風が吹いたわけでもないのに、どんぐりのついたクヌギの枝が何本も落ちています。
        なぜか、未熟な実つきの短い枝先ばかりです。

        これは「ハイイロチョッキリ」というゾウムシの仲間の仕業です。
        この未熟な実に穴を開けて産卵した後、枝を齧って地面に切り落とします。
        孵化した幼虫は実をかじって成長し、地面に潜って蛹になります。

        残念ながらハイイロチョッキリは未だに撮影できていません。
[PR]
by higirinikki2 | 2015-08-07 17:40 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)
Commented by YAKUMA at 2015-08-08 21:31 x
こんばんは
お孫さんもいらして、賑やかでしょうね。
さて、エゴノキの実、私も先日穴の開いたものを撮ってきました。
こちらで教えていただいてすっきりしました。
ありがとうございます。
Commented by higirinikki2 at 2015-08-08 23:06
YAKUMA さん お役に立ててよかったです。
虫と草木の関係には、いろいろ面白いこともあります。
そちらに目を向ける機会もあるといいですね。
<< ■ 蜘蛛 3種   15.8.... ■ ショウジョウトンボ   1... >>