■ ヒオドシチョウ   15.6.4

梅雨入りはまだ先、という感じの爽やかな風の吹く1日。早朝、ミドリシジミ捜しに出たが、雨上がりの野ではチョウは、気温が上がって陽射しが強くなるのを待っているようで、思うようなシーンは撮影できなかった。

ゼフ探しに紛れて、紹介の遅れていたヒオドシチョウの羽化シーンです。


ヒオドシチョウの羽化   15.5.30   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO1600 1/250,F8
e0339873_21182999.jpg
        ずっと観察を続けていたカメラマンたちが、レンズを向けていた先です。
        羽化を開始してからだいぶ時間が経っているそうです。
        まだ翅がしっかり固まっていないのか、飛び立ちそうもない、とのことでした。


ヒオドシチョウ   15.5.30   ISO400 1/250,F8
e0339873_21212478.jpg
        上の撮影後、4時間半たった2㎞ほど離れた所で撮影しました。
        朝、羽化したあと、ここまで飛んできたとは思えません。偶然、園内で同時的に発生しているのでしょう。


〃 蛹   5.20   〃   ISO1600 1/250,F8
e0339873_21244770.jpg
        園内某所に大量のヒオドシチョウの蛹が見つかっていました。
        情報公開を控えていました。
        不幸(?)なことに、大半の蛹は寄生蜂に卵を産み付けられていたようで、その後、羽化したものはほとんどありませんでした。
[PR]
by higirinikki2 | 2015-06-04 21:30 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)
<< ■ ふたたび ミドリシジミ ♂... ■ 裏磐梯へ   15.6.3 >>