■ ツルニンジン   17.9.20

涼しくなった今日、じっくり散策に出ました。

いつも花が見られる場所では、今年の花は蜂退治スプレーを大量にかけられて枯死ししてしまっていました。
今日の歩きで、思いがけない所で目の前に花が出現したのにはビックリしました。スプレーをかけられませんように!


ツルニンジン   17.9.20   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/30,F8
e0339873_18194582.jpg
e0339873_18194649.jpg
e0339873_18194667.jpg
e0339873_18194632.jpg
e0339873_18194542.jpg



[PR]
# by higirinikki2 | 2017-09-20 18:22 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 傷んだチョウたち   17.9.19   (カラスアゲハ、コムラサキ、ヒメウラナミジャノメ)

きのうは台風一過、強烈な青空光線と真夏日の暑さ。強風に耐えた草花や虫たちに出会いました。

とはいえ、よく見ると翅が傷んだチョウに出会いました。


カラスアゲハ   17.9.18   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/1000,F8
e0339873_19145281.jpg
        谷戸田の畔のヒガンバナで黒いアゲハが吸蜜していました。
        なかなか、横から撮る位置に回らせてくれません。よく見ると上翅が傷んでいます。


コムラサキ   〃   〃 ISO800 1/1600,F8
e0339873_19145266.jpg
        ちょっと見、キタテハかと思いましたが、よく見るとコムラサキの♀でした。
        残念ながら翅全体が傷んでいます。近くに柳があるので、そこで羽化したのかな?


ヒメウラナミジャノメ   〃   〃 ISO800 1/320,F8
e0339873_19145267.jpg
        ただの傷んだ翅のヒメウラナミジャノメなら撮らないのですが、透けた翅が綺麗に見えたので、
        カメラを下から上向きにして撮りました。



[PR]
# by higirinikki2 | 2017-09-19 19:34 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 中国の生き物   17.9.18

中国の旅シリーズを続けている間、ようやく下痢がとまって今日は15日ぶりに散策に出かけました。帰国後は天気も悪く、この間の谷戸の生物相も変わっていたのかもしれませんが。

旅シリーズの最後の回は、旅の途中で出会った昆虫や花たちです。


クワガタ   17.9.7   FUJIFILM XQ2 6.4-25.6mm ISO400 1/320,F2.2
e0070891_18143696.jpg
        山道を歩いている途中、お仲間が見つけて見せてくれたクワガタ。その美しさに見惚れました。


オハグロトンボ   9.8   〃 1/320,F4.9
e0070891_18144394.jpg
        鍾乳洞からの帰りの池の石にオハグロが群れていました。


イラガの一種?   9.8   〃 1/800,F2
e0070891_18150907.jpg
        張家界から鳳凰に向かうバスの休憩場所でみつけました。


トリカブト?   9.9   〃 1/250,F2.8
e0070891_18144921.jpg
        桟道からエスカレーター入口までの道の脇にいろいろの花が咲いていました


ツリフネソウの一種?   〃   〃 1/200,F1.8
e0070891_18145438.jpg



   〃   〃 1/200,F1.8
e0070891_18153541.jpg



ヒトヨタケの一種?   〃   〃 ISO800 1/800,F1.8
e0070891_18154190.jpg


[PR]
# by higirinikki2 | 2017-09-18 18:45 | おでかけ | Comments(0)

■ 旅のいやな思い出   17.9.17

初めて見る驚愕の景観を堪能した旅でしたが、中国辺境の新しい観光地とあって、不満に感じることも多かった旅でした。3つの点で感じたことを書きます。
日本人旅行客の旅先としてブームになると思う地です。苦言を呈し、改善を望むものです。


日本人向きでない食事   17.9.7   FUJIFILM XQ2 6.4-25.6mm ISO1250 1/64,F1.8
e0339873_18024293.jpg
            旅2日目朝の食事。バイキング形式だったが、食べたくなる料理が少なくこれで全部です。
e0339873_18024363.jpg
          3日目夕、この円卓は回転しました。
e0339873_18024769.jpg
          4日目昼食、撮影をしたいと思う料理が少なく、やけ撮りしたもの。
e0339873_18023881.jpg
          4日目夕食。いちばん、まともな食材が揃っていました。

「海外旅行で食事に期待する」、そんな人ではない私です。
「旅のしおり」には、郷土料理、土家庭料理、山菜料理、きのこ料理、四川料理、酸湯魚料理、苗族料理、張家界料理、と謳われていましたが、
全部同じようなものでした。口に合うものが少なく、無理矢理詰め込んでいました。

その結果は腹をこわして、最終日から帰国したきのうまで酷い下痢に悩まされました。もともと口に合わない食事を避けた妻は3kgほど痩せて帰ってきました。
ツアーのお仲間にも23人のうち5,6人の人が、旅の途中から話題にしていました。症状に気づくのが遅かった私は、重症になったようです。
海外の旅に慣れた女性は「精製の悪い油が原因でしょう」と言っていました。中国旅行はもうやめにしようかな。


うるさい中国人   17.9.9   FUJIFILM XQ2 6.4-25.6mm ISO400 1/250,F3.2
e0339873_18024620.jpg
          狭い通路を占拠して自撮り棒で撮影する女性たち。
e0339873_18024667.jpg
          団体仲間と大声で言葉を交わす男女。ツアー案内人はワイアレススピ-カーで、20mも先のメンバーに行動を指示する。
          撮影できなかったが、列にずかずか割り込んでくる。おとなしい日本人との比較で、そのうるささと図々しさが際立つ。
          大勢の中で大声で自己主張しないと生きていけないのだろうか?


トイレ事情   17.9.9   FUJIFILM XQ2 6.4-25.6mm ISO400 1/250,F3.2
e0339873_18024726.jpg
          風景区の中にあるトイレ、「衛生間」と表示されています。
 
e0339873_18023831.jpg
          鳳凰古城の街中にある公衆トイレ、「公共厠所」と表示されています。

「臭い」「汚い」「ドアがあっても鍵かからず」「水はちょろちょろ」「ペーパーは置いてない」。これが妻の体験した「世界遺産」地区の女子トイレ事情です。
この表現では言い表せないひどさ。実態を言い表せないもどかしさ。実際に体験した人でないと理解できない実情です。
綺麗な言葉でいえば、「トイレの清掃が追い付かない」のでしょう。
帰国してスーパーのトイレを利用した妻がひとこと、「日本てなんて清潔で幸せな国なのでしょう!」


[PR]
# by higirinikki2 | 2017-09-17 20:11 | おでかけ | Comments(0)

■ 鳳凰古城   17.9.16

3日間の張家界観光を終えて、4時間のバス移動で着いたのは湖南省西部の山間の小さな町「鳳凰」。明時代の建物が残る鳳凰は沈従文の小説「辺城」で広く知られ、中国有数の「古鎮」として知られるようになった。

沱江沿いに広がる町には明清代の古民居が多数残っていてこれが最大の見どころ。


沱江沿いの夜景   17.9.9   fujifilm XQ2 6.4-25.6mm ISO500 1/5,F1.8
e0339873_19283912.jpg
e0339873_19284035.jpg
        中心の鳳凰大橋から下流と上流を見る。


川べりに降りて
e0339873_19284058.jpg
          少数民族のモデル?
e0339873_19284080.jpg
          雪橋を渡る
e0339873_19284057.jpg
          対岸の夜景
e0339873_19284160.jpg
          木橋で渡り返す。


南側の鳳凰県城古城エリアを歩く   17.9.10   
e0339873_20231944.jpg
                    沈従文旧居
e0339873_19475867.jpg
          独特な瓦
e0339873_19283603.jpg
e0339873_20360784.jpg
          沱江を手漕ぎ舟で下る
e0339873_20431832.jpg
          虹橋
e0339873_19283991.jpg
          城壁


[PR]
# by higirinikki2 | 2017-09-16 20:32 | おでかけ | Comments(0)